[模写]バイソン描いて年賀状にしてみる

丑年だし

バイソンっていいなと思ったので模写してみる。そして丁度今年の干支が丑年だし年賀状にしてみる。Pinterestとかこれとか見ていい感じの資料を見つけて模写をする。

自分の好きな動物などの絵や写真を模写をするっていいなと思った。「ちゃんと描く」というのは忘れがちだけど絶対に忘れてはいけない基本なのだ。模写はそれを思い出せる。

描き始め

とりあえず写真を下に引き、主要な形をざっくり取ってパース崩れだけは阻止する。今回は鼻らへんが気になったのでそこを重点的に描き始めた。

描き進め

どんどん描く。鼻と目だけ細かく描いてあとはざっくり。質感を追って楽しんで描く。ペンでシャシャっと描く線と動物の毛はうまく合うので、それっぽく描けばどんどん動物らしさが表現できるから動物の模写は好きだ。これがペットボトルなどの工業製品の模写とかだと自分は辛くてできない。まぁ好きなものだけ描けばいいし、人それぞれだとも思う。

陰影を付けて一回黒く落とす。

白い線を細かく乗せていき質感を出していく。ここの工程が好きだ。形が出てくるし動物の生命感も出てくる。

デジタルだと純粋な白を後からいくらでも乗せれるのがいい。アナログだと一度黒を乗せた後上から白を乗せようとしてもうまくいかない。汚い白になってしまう。それは画材の性質の問題なのだが、デジタルはその問題がないのがでかい。

完成

「謹賀新年」と描いて出来上がり。渋い。文字もっとうまくなりたいな。

コメント