[イラスト]魔女を描く

ラフの段階分け大事

魔女のイラストを描く。今回工程を4段階に分けた。自分の現状スキルとイラストについて思うことをメモしておく。

Youtubeでイラストメイキング動画をよく見る。ラフからの描き上げが人によって違うのが面白い。色々な人の要所要所を食いつまんで参考にしている。
さいとうなおきというイラストテレーターさんがYoutubeでイラスト基礎講座的な動画を出しており、それがすごく参考になった。イラストを描くにあたって大事な姿勢を知ることができるはず。目標と現状スキルの差にめげない心が大事だ。あと資料を見ることが大事なのはマジでそうだ。勝手に想像だけで物は描けない

Pinterestというサイトが死ぬほど役に立っている。資料集めからイラスト参考まで検索で画像が豊富に出てくるし、どれもクオリティが高い。

第一ラフ

まず最初のラフを描いた。超ざっくりしているけどとりあえず顔とポーズが可愛くなりそうか、頭身が狂っていないかを探った。本来うまい人ならばこの時点でもっと細かい描写があると思うので、いずれ直したい。(髪の毛や手の構造を描き慣れてないから後で苦労する)。

第二ラフ

第一ラフから人物のパーツをざっと描き進め、色を追加した。色はグリザイユ的なグレートーンから後に着彩している。本来ならこれが第一ラフでもいいのかもしれない。

本番

第二ラフのボヤッとしたとこを具現化した。自分が思っている3倍は時間がかかった。髪の毛の構造だったり足の構造だったり、服の構造だったりを探り探り描いていかないといけないので疲れる。参考資料やうまい絵をとにかく見ながら自分の絵のおかしいところを直していく作業。観察、修正、観察、修正。この作業を手際良くパッパと進めるには経験と修練が必要なのだろう。一番根気が必要なところかもしれない。

ツメ作業

ここからツメ作業。

塗りのブラシ設定。適度に両端がぼけるようにする。

完成。色々甘いところが多いけどとりあえず今回は時間かかりすぎたのでこれでいいや。

ラフの描き上げとか色々考え直して、スムーズに完成に持っていけるように頑張ろう。

コメント